目の下のたるみは整形で解消可能|スッキリ目元で印象チェンジ

美容外科のたるみ治療

瞳

たるみ取りのテクニック

目の下のたるみを取る最善の方法は、美容外科でたるみ治療を受けることです。セラミドやコラーゲンを配合している化粧品でもたるみ取りは可能ですが、化粧品だけで完全に目の下のたるみを取ることはできません。美容外科で行われている目の下のたるみ治療には、ヒアルロン酸注射やPRP血小板療法などがあります。どちらの施術もメスを使わず、ヒアルロン酸や皮膚再生因子を注入するだけで目の下のたるみを解消できます。目の下のたるみだけでなく、目の下にクマがある人は、PRP血小板療法がオススメです。PRP血小板療法はチンダル現象がなく、腫れが少なく自然な仕上がりになります。目の下のたるみとクマを同時に解消できるため、優れた若返りの効果が得られます。

たるみ取りの注意点

目の下のたるみは老化が原因ですので、目の下がたるんでいる人は、目の下にクマができていたり、シミやくすみがある場合がほとんどです。たるみ取りをすると、しわは目立たなくなりますが、クマやシミは解消されないので注意が必要です。目の下のたるみ取りとクマやシミの解消を同時に行うためには、肌再生をすることが必要になります。PRP血小板療法は、肌再生と同時にコラーゲンの生成を促進させることができ、目の下のたるみとクマをまとめて解消できます。PRP血小板療法は、塞栓症や肌が青白くなるチンダル現象のリスクがなく、自然な仕上がりが得られます。一度の施術で肌再生効果と引き締め効果の両方の効果が得られるので、コストパフォーマンスにも優れています。